アイスホッケー 練習メニュー

【1on0】Station Shoot Drill③【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
選手達がなかなかスクリーンに入ってくれない。ゴール前でのスクリーンプレーの練習がしたい。

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、『スクリーンの基礎から様々なスクリーンプレーをする練習』に使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎このドリルはコーチがシューターをやることによって、選手がしっかりとスクリーンに入ったタイミングでシュートを打てるほか、コーチが動くことで、ゴール前の選手もゴーリーの正対にあわせてスクリーンの位置を変更する意識などが身に付くドリルなので、色々なスクリーンプレーの対応としても使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【スクリーン】Station Shoot Drill③【アイスホッケー練習メニュー】

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ステーションドリル用にゴールを設置し、パックをゴール両サイドに準備する。
  2. 選手はゴール前、コーチはトップサークルとBLの間くらいの場所に準備する。
  3. 待っている選手は邪魔にならないようにインサイドハッシュマーク付近に待機する。
  4. 待っている選手はパック広いを随時行うのも良い。
  5. ゴールがたくさんある場合は、4〜8箇所程度でもできる。

 

☑️練習内容

  1. 選手はゴール前からゴール横のパックを取ってコーチにパスをする。
  2. パスをしたらすぐにゴール前へ戻りコーチの動きに合わせてスクリーンする。
  3. コーチは右か左か横にスライドしシュートをする。
  4. ゴール前の選手はコートのシュートに対してスクリーンやリバウンドの対応をする。
  5. これを2〜4回程度連続で実施して次の選手と交代する。

 

☑️メニューのポイント

  • スクリーンの選手のポジションがインクリーズにならないように注意する。
  • スクリーンの選手はシュートを打つ瞬間に合わせてゴーリーが見えないようにする。
  • パックを取った選手はすぐにゴールに向かいスクリーンに入る。
  • スティックは氷につけ、欲しい場所を指示する。(ドリル内容によっては異なる)

 

☑️メニューのアレンジ

  • スクリーンをしながらディフレクション
  • スクリーンからゴール横に移動してチップ
  • 打つ瞬間にゴール前に入り、フラッシュスクリーン
  • スクリーンからハイショットに対してのディフレクション など

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.