アイスホッケー 練習メニュー

【1on0】X Ice B /O Q -UP Drill①【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
ブレイクアウトと取り入れたシュートドリルがなくて困ってました。いつもリンクの半面しか使えないので、そのスペースでできるメニューを希望です。よろしくお願いします。

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、クロスアイスでブレイクアウトのクイックアップからミドルパスをしてシュートする練習に使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎このドリルを実施すると、ブレークアウトのクイックアップが身につき、ミドルでもらうタイミングの取り方や位置・角度などの習得にもつながります。覚えておくと、色々なパターンのブレイクアウトの対応としても使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【1on0】X Ice B /O Q -UP Drill①【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ゴールを2つクロスアイス用に準備をする。
  2. パックはコーナーの2か所に配置する。
  3. 選手はBL中央を先頭にそれぞれ1列に並ぶ。
  4. スタートの青①の選手は、パックを持ってゴール前に準備をする。

 

☑️練習内容

  1. 青①の選手はシュートを打ち、コーナーあるパックを取ってボードサイド側に進む。
  2. 緑①の選手は、青①の動きに合わせてスタートする。
  3. 緑①の選手は、青①が上がってきたタイミングでパスをもらえるようにミドルに入る。
  4. パスをもらった緑①はゴールに向かいシュートを打つ。パスを出した青①は列にもどる。
  5. シュートを打った選手は、1〜4を繰り返す。

 

☑️メニューのポイント

  • 青①はパックを取りに行くときやクイックアップする際は背後や周りも見ながらプレーする。
  • クイックアップする選手は、パックを取る際に進行方向の逆にフェイントをかける。
  • 両選手ともに、スピードの強弱をコントロールしタイミングをはかる。
  • ミドルに入る選手は、クイックアップの選手に対してタイミングと高さを合わせる。
  • レシーブした後は数歩でトップスピードに乗るようスケートする。

 

☑️メニューのアレンジ

  • ミドルに対してアンカーの選手を増やして2on0などに変更する。
  • ゴール前に障害物を設置してシュートにアレンジを加える。

 

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.