アイスホッケー 練習メニュー

【1on1】Station 1on1 Drill①【アイスホッケー練習メニュー】

 

困った人
ブレイクアウトの練習もしたいし、1on1の練習もしたいしなぁ。同時にできる練習ないかなぁ??田中さ〜ん何か良いドリルないですかぁ??

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、ブレイクアウトからの1on1のメニューで、小学生から大人まで幅広く使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎このメニューをやることによって、ゴール裏を回るWheelからセンターミドルのブレイクアウトの対応としても使えますし、球出しした後のギャップコントロールの練習にもなります。私はよく小学生の練習で1つ1つ習得させるのによく使っているメニューですので要チェックですよ📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【1on1】Station 1on1 Drill①【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ゴールをステーションドリル用に配置し、パックは両トップサークルの中央に集める。
  2. コーンはトップサークルのBL側に設置し、コーチと選手は図の位置に並ぶ。
  3. 選手は1列に並びDF→FW→DF→FWの順に並ぶ。

 

☑️練習内容

  1. コーチの合図でDFはバック、FWはフォアでスタートし、コーチはボードにパックを流す。
  2. DFはパックを取りゴール裏を回る。FWはタイミングをあわせてパックをもらう準備をする。
  3. DFはゴールを回ったところでFWにパスをする。
  4. パスを受け取ったFWはそのままコーンまで進みターンをする。
  5. DFはFWの動きに合わせてギャップをコントロールして詰める。
  6. FWはコーンを回りゴールへ攻め、DFはFWに対してバックに切り替え1on1の守備をする。

 

☑️メニューのポイント

  • DFはパックを取りに行くときにチェックショルダーとフェイントをかける。
  • DFはゴール裏を回る(Wheel)前にFWの位置を確認しておく。
  • FWはDFのWheelに合わせてミドルでもらえるようにタイミングを合わせる。
  • FWはコーンを回る前に進行方向を確認し走る位置やスピードを調整する。
  • FWは攻めの際、スピードの強弱や左右のメリハリをつけDFと勝負をする。
  • FWはDFの前からでもパックの位置をズラしてシュートする。
  • DFをスクリーンにしてシュートも取り入れる。
  • DF積極的にギャップコントロールをし、下がりすぎないこと。
  • DFはスティックを体の前に置き、スイープチェックなどの一発勝負はさける。
  • DFはインサイドをキープし、中にはいられないように守る。

 

☑️メニューのアレンジ

  • FWの人数を増やして2on1やDFをFWにして2on0にもできる。
  • DFはバックにならずにアングルフォアチェックに切り替えてアングリングでも良い。

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.