アイスホッケー 練習メニュー

【2on1】X Ice 2on1 Drill【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
リンクを1/3しか練習で使えないので、クロスアイスでできる2on1の練習はありませんか?

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、クロスアイスでラッシュ系の2on1をする練習に使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎この練習を実施することで、FWのラッシュ系のドライブや、レシーバーのサポートやミドルドライブの対応としても使えます。また、DFはギャップコントロールや前後左右のポジションなどの要素もありますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【2on1】X Ice 2on1 Drill【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ゴールをクロスアイス用に設置する。
  2. パックは各ゴール裏に準備する。
  3. 選手はBL中央から両サイドに2グループに並ぶ。
  4. 最初にスタートする青①の選手はゴール横に準備する。

 

☑️練習内容

  1. コーチの合図で、緑①・緑②・青①の3人同時にスタートする。
  2. 緑①はパックを持ってスタート。ゴール裏を回ってフェンス側をドライブしゴールへ向かう。
  3. 緑②は緑①に付いていく形でスタートし、緑①のサポートもしくはミドルドライブをする。
  4. 青①は攻め側の選手に合わせる形でギャップコントロールをして守備につく。

 

☑️メニューのポイント

  • 緑①の選手は単調なドライブだけではなく、スピードの強弱や左右の揺さぶりなどをして、DFに簡単にギャップコントロールをさせないこと。
  • レシーバーの選手は、サポートやミドルドライブなど声がけをしてコミュニケーションをとる。
  • FWの選手はゴール裏を回った後の対応として、ドロップパスからのクロスやディレードターンなどのプレーも加える。
  • DFはパックを持っている選手に対して、キャリアが危ないのか?レシーバーが危ないのか?を十分に考えてスティックの位置や前後左右の距離感をコントロールする。

 

☑️メニューのアレンジ

  • 攻撃側の選手のプレーをクロスやドロップパス、ディレード、サポート、ミドルドライブなどを、初めはフリーではなくあえて限定させてやらせるのも、技術を上達させるのに重要である。
  • 青②の選手を攻撃側と同じ方うに走らせバックチェッカーとしてプラスするなど。

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.