アイスホッケー 練習メニュー

【1on0】アンカードリル【アイスホッケー練習メニュー】

 

困った人
小学生なんですが、アンカーの入り方やもらい方が悪いので、アンカーの要素を取り入れたシュートドリルはありませんか?

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、アンカーへの入り方やパスのもらい方などを練習するのに使えるメニューです。

また、指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

アンカーでの対応として、ストップやターン・トランジションなどやリムなどの対応としても使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

【1on0】アンカー対応ドリル 【アイスホッケー練習メニュー】

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習内容 ①ストップでもらう。

  1. ①はパックを持たずにスタートして、ブルーライン付近のコーンを回り、ハッシュマークのコーンへ進む。
  2. ハッシュマークでストップをして、コーチからパックを受け取る。
  3. パックを受け取ったらブルーライン付近のコーンをサイクルアップで回り、ゴールへ進む。
  4. トップサークル付近でゴールへ向かってシュートをする。

 

☑️練習内容 ②トランジションでもらう。

  1. ①はパックを持たずにスタートして、ブルーライン付近のコーンを回り、ハッシュマークのコーンへ進む。
  2. ハッシュマークでトランジションをして、コーチからパックを受け取る。
  3. パックを受け取ったらブルーライン付近のコーンをサイクルアップで回り、ゴールへ進む。
  4. トップサークル付近でゴールへ向かってシュートをする。

 

☑️メニューのポイント

  • パスをもらう時は、事前に自分の進行方向の状況を見ること。
  • パスをもらう際のスティックの置く位置は、進行方向に置くのが好ましい。
  • 各コーンを回るタイミングでコーチ(パックの出どころ)やゴールの状況を確認する。
  • シュートを打った後は、しっかりゴール前にストップする。

 

☑️メニューのアレンジ

  • バックでスタートにして、パス・パスバックをプラスする。
  • シュートの打つコースやバックハンド限定にしたり、ワンレッグでシュートなどに変える。
  • ドリルの途中に障害物を増やしてスケートやハンドリングの難易度を上げる。

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.