tanaBlog アイスホッケー

#012【完全解説】君がレギュラーになるためにやるべきこと


皆さんこんにちはスキルチャレンジの田中です。

いつも-tanaBlog-をご覧いただきありがとうございます!

 

突然ですが、質問です。

あなたは今、

チームのレギュラーとしてバリバリ活躍していますか??

それとも出場時間が少なかったり、

控えの選手で試合には出れない状況ですか??

 

さて、あなたはスポーツ選手として、

どの年代やレベルやカテゴリーにおいても、

チームのレギュラーになって試合に出て活躍したい!

競技者としては当然思うことだと思います!?

 

また、レギュラーの座を獲得できなかったり、

ベンチに入っても椅子を温めるだけで

試合になかなか出してもらえず

悔しい思いをしている選手も多いと思います。

 

では、

どうしたらレギュラーになれるのでしょうか?

どうしたら試合に出れるのでしょうか?

 

この記事を読んだあとには

レギュラーになるために何をしたらよいのか!?

どう言う考え方がよいのか!?

っというのが見えてくるでしょう。

 

それでは見ていきましょう!

 

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

●合言葉は、
《できる・できないではなく、やるか・やらないか》

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2021年1月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒防具メーカーのBAUERと2020.10〜スポンサー契約を獲得。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

 

 

 

レギュラーになるためにやるべき事

 


《目次》

①自分の実力を正しく知る

②監督のビジョンを理解しているか

③チームにとってのあなたの役割はなにか?

④まとめ

 

 

①自分の実力を正しく知る

 

まず初めに質問です。

①あなたは、自分自身の実力をどのように評価していますか??

 

どうでしょう?

明確な答えは出ましたか?

 

まず初めに①の質問についてですが、

断言します!

評価というものは、自分がするものではなく、

自分以外の人が自分に対してするものが評価です。

 

ですので、評価というのは、

自分のいる場所や周りの環境で大きく変化します。

 

例えば、試合になかなか出れなかったプロ野球の選手が

トレードや移籍などをきっかけにチームや指揮官など

周りの環境が変わり、また別の評価をされることで、

試合に起用され、爆発的に成績を残す選手がいます。

もちろん本人の努力があっての結果ではありますが、

評価とは、自分が自分にするものではなく、

他人の目で自分を見たものがあなたの評価です。

 

このことは変えがたい事実です。

「僕、私は、こんなに頑張ってるのに!」

「なんで試合に出してくれないんだ!?」

っと、なげいてる選手を色々と見かけますが、

自分を自分で過大評価して自己満足してませんか?

 

もし自分の事を自己評価するのであれば、

自分を幽体離脱させて上空から見下ろすように、

客観的な視点で自分を評価しましょう。

 

そうすれば、自分のことも過大評価せずに、

しっかりとセルフマネジメントできるでしょう。

 

自分自身を「正しく評価する」こと。

自分に対する評価を「受け入れる」こと。

 

まずは現状を正しく把握することが重要です。

 

②監督のビジョンを理解しているか

 

次に必要となってくるのは、

監督のビジョンを理解しているか?

っということです。

 

監督・スタップが考えているビジョンやコンセプトなど、

監督がどのように考えていて、どのようなチームづくりを

していこうとしているのかを正しく理解しなければなりません。

 

よくある質問として、

「結局、うまい選手が出るんでしょ?」

なんて事をよく聞きます。

 

では逆に聞きますが、あなたが思っている

「うまい選手」の定義ってなんですか?

大きい選手?

力のある選手?

足の速い選手?

まぁ色々とあるでしょう。

一般的に考える「うまい選手」の定義と、

チームを指揮する監督が考える「うまい選手」の定義は

少し違う一面を持っていて、一般的にいう「うまい選手」が

そのままレギュラーになるとは限らないのです。

 

監督がチームの一員として必要としているのは、

「うまい選手」ではなく「使える選手」です。

どんなにスケートが速くても

どんなにシュートが速くても

どんなにチェックが強くても

監督が考える理想の「チーム作り」や「ゲームプラン」を

理解できなかったり、試合で実行しない選手は、

選手を起用する立場である監督としては、

「使えない選手」という評価になります。

 

どんなに能力が高い選手だとしても

自己満足で好き勝手にプレーする選手は

レギュラーの座を獲得することはできません。

 

言わなくてもわかると思いますが、

チームスポーツは、上のレベルに行けば行くほど、

細かな決まり事やシステム・戦術などがあり、

一人一人役割が明確で、それをチームの一員として

確実に実行しなければなりません。

 

ですので、選手の皆さんは、

普段からしっかりと監督やスタッフの

考えてることや話している事をしっかりと聞き、

チームとしてのルールを100%理解する。

そして、それを徹底的に実践することが重要である。

 

③チームにとってのあなたの役割はなにか?

 

さて、これまで

自分の実力を正しく知ること

監督のビジョンを理解すること

について見てきましたが、

次は、ムにとっての役割はなにか?

についてです。

 

では早速質問ですが、

あなたのチムにとっての役割ってなんですか?

 

例えば私であれば、

Daisin女子アイスホッケーチームでは、

私はコーチという立場にあります。

私の役割を1つ例としてあげると、

「監督の目の届かない範囲を監督の分身として

選手へ監督の考えを忠実に伝えること」

などがあります。

 

選手でわかりやすく言うと、

「キャプテン」であれば、チームのまとめ役。

「エース」であれば、点数を一番取る選手。

「守護神」であれば、守りの要のGKなど。

ここら辺は、よく言われるのでピンときますよね。

 

では本題ですが、

あなたのチームでの役割はなんですか??

 

はい。

これを見つけることが、あなたがレギュラーの座を

掴むために必要なことです。

 

自分がチームのレギュラーとしての役割を作るために

大事なのは、監督が考えるチームの構想やチームの

コンセプトを完成させるため、あなた自身が

そのパズルに欠かせない1ピースになることです。

 

チームのコンセプトは、国や地域や監督が変われば

全く違うものになります。

 

あなたが今いる場所でレギュラーの座を

獲得したいのであれば、現状をしっかりと把握し、

指揮官である監督の構想に入れるような

チームの一員として唯一無二の役割を持てるよう、

あなたの長所を活かした誰にも負けない武器を持ちましょう。

 

④まとめ

 

《まとめ》

①評価は自分がするものではなく、他人がするもの。

②監督やチームのビジョンを理解し、的確に実行する。

③チームの一員として、唯一無二の役割を見つける。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回の記事はいかかでしたでしょうか?

このブログでは皆さんから記事にして欲しい内容を募集しています。

困ったことや質問したいことがあれば、コメント欄、SNSなどから

お気軽にど相談ください。

できる限りフィードバックしていきたいと思います。

それでは次の記事で会いましょう!

 

-tanaBlog-の過去記事はこちら⬇️⬇️

tanaBlog(タナブログ) 〜田中雄也 Official Blog〜

いつもtanaBlogをご覧いただきありがとうございます。 こちらは当法人代表の田中雄也が、 皆さんに少しでもプラスになってもらえるよう 私の学んだことや実際に経験した事を書いているブログです ...

続きを見る

 

☑️この記事を書いております田中雄也です!

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン&起業家&アイスホッケーコーチの三刀流✂️
■北海道、主に釧路市や道東地区を中心に活動

●合言葉は、
《できる・できないではなく、やるか・やらないか》

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

田中雄也の各SNSのページはこちら⬇︎⬇︎

【Twitter】yuuya_11_

【Instagram】www.instagram.com/tanakayuuya11/

【Facebook】https://www.facebook.com/yuuya.tanaka.33

※皆さんの暖かいフォローよろしくお願いします。

 

-tanaBlog-の過去記事はこちら⬇️⬇️

tanaBlog(タナブログ) 〜田中雄也 Official Blog〜

いつもtanaBlogをご覧いただきありがとうございます。 こちらは当法人代表の田中雄也が、 皆さんに少しでもプラスになってもらえるよう 私の学んだことや実際に経験した事を書いているブログです ...

続きを見る

-tanaBlog, アイスホッケー

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.