アイスホッケー 練習メニュー

【2on2 】アングリングドリル forクロスアイス【練習メニュー】

 

困った人
クロスアイスで対人スキルを用いた練習メニューが欲しい。なにか良い練習メニューはありませんか?またアレンジメニューもあれば教えてください。

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 2on2アングリングドリルの練習内容について
  • 練習のポイントについて
  • アレンジメニューのご紹介

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、小学生からトップレベルまで幅広いカテゴリーに使えるメニューで、アングリングや対人スキル、グループ戦術など幅広い要素を持ったメニューです。

また、指導者の方は練習説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

ファンドリルとしても使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

【2on2】 アングリングドリル【練習メニュー】

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

☑️練習内容

  1. コーチのホイッスルで攻め2名と守り2名が同時にスタート。
  2. 攻め2名はゴール裏を回り、守り2名は一度自陣を経由してからギャップコントロールして守備につく。
  3. 守備の選手がパックを奪った場合は、攻守の切り替えをして逆サイドのゴールへ攻める。
  4. ホイッスルがなるまで中で2on2でプレーを続ける。
  5. 次のホイッスルにて攻守を切り替え、次のグループ各2名がプレーをする。

 

☑️メニューのポイント

  • 攻め(緑①)は、ゴール裏を周ってしっかりとスケートし、アウトドライブをする。
  • 攻め(緑②)は、パックキャリアのサポートからミドルドライブをする。
  • 守り(青①)は、パックキャリアに対してインサイドをキープしながらアングリングをかける。
  • 守り(青②)は、パックキャリアに注意しながらネットにドライブしてくる選手をケアする。

 

☑️メニューのアレンジ

  • 人数を変えて2-1、1-1、2-0、3-2などにアレンジする。
  • 3-0や5-0のブレイクアウト練習やミドルドライブなどの練習にアレンジする。
  • 人数が多いメニューの場合は、ハーフアイスにする。

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.