アイスホッケー 練習メニュー

【1on0】X Ice B/O Wheel Drill① 【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
氷上練習の際、チーム事情で全面を使った練習ができず、ブレイクアウトからシュートまでの練習ができません。何か良いドリルはありませんか?
ゴールをクロスアイスにするとブレイクアウトも含め、いろいろな練習ができますよ。
田中コーチ

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、リンクを全面使わずにブレイクアウトからシュートまでできる連続したシュートドリルです。初心者が簡単なブレイクアウトを習得する練習に使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎このドリルをすることによって、ブレイクアウトの基本的なQーUPやWheel、DーDなどの習得にも使えますので、育成年代の対応としても使えます。
今回はゴール裏を回って球出しをするWheelの形でドリルをやってみますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【1on0】X Ice B/O Wheel Drill① 【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ゴール2つをクロスアイス用に配置する。
  2. パックは両コーナーにそれぞれ準備する。
  3. 選手はBLの中央を先頭にそれそれ1列に並ぶ。
  4. スタートの選手はパックを持ってゴール前に準備をする。

 

☑️練習内容

  1. 青①はシュートを打ち、コーナーのパックを取ってゴール裏を回る。
  2. 緑①は青①の動きに合わせてタイミング良くスタートしスイングする。
  3. 青①がゴールを回りきるタイミングで、緑①は青①に高さを合わせるように動きパスをもらう。
  4. パスをもらった緑①はそのままゴールに向かいシュートを打つ。
  5. シュートを打ったらコーナーにパックを取りに行き、青②がスタート。
  6. 1〜5を繰り返す。

 

☑️メニューのポイント

  • Wheelする前と回り切る前に進行方向やレシーバーの動きを事前に確認する。
  • レシーバーの選手は、Wheelするの選手の動きに合わせてタイミングをとり高さ(ポジション)を合わせる。
  • レシーバーはパスをもらった瞬間にトップスピードになれるようにスピードをコントロールする。
  • レシーバーはパスをもらう前に進行方向(ゴールなど)を確認する。

 

☑️メニューのアレンジ

  • WheelをQーUPや人数を増やしてDーD、DーDリバースなどに変更する。
  • レシーバーのもらう位置をアンカーやミドルにしたり、攻め側を2名などにする。

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.