アイスホッケー 練習メニュー

【Battle】Small Area Battle【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
1on1や2on2などの対人プレーを強化したいのですが良いメニューはありますか?

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、限られたスペースでもできるバトル系の練習に使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎1on1,2on2,3on3など人数を変えたり、色々なルールを加えることで様々な目的に合わせて使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【Battle】Small Area Battle【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. ゴールを図のように狭い間隔で準備する。
  2. ゴールの設置位置は、コーナーやフェンス側などのスペースでも良い。
  3. パック、選手、コーチは図のように準備する。
  4. プレーする選手はゴールの間に準備をする。

 

☑️練習内容

  1. コーチの合図でスタートし、コーチはパックを入れる。
  2. 選手はパックの取り合い(Battle)をし、お互いに攻撃・守備を実施する。
  3. シュートが入ったり、パックが外に流れたら、コートは新しいパックを入れる。
  4. 1セット20秒〜30秒程度で選手は交代する。

 

☑️メニューのポイント

  • コーチはドリルの目的や実施して欲しいことを明確に伝える。
    ※例①:パックをプロテクトして守り、取られないことを優先する。
    ※例②:どんどんゴールに向かい、シュートまでを早くする。
  • ルールを明確にする。
    ※例①:パックを先に取った選手が攻撃をする。守備の選手が取った場合は、コーチとパス・パスバックをして攻守を切り替える。
    ※例②:パックを先に取った選手が攻撃をする。守備の選手が取った場合は、自陣のゴールを回ってリスタートする。
    ※例③:攻守関係なくとにかく攻める。

 

☑️メニューのアレンジ

  • 1on1,2on2,3on3など用途に合わせて人数を変更する。
  • 2on1,3on2などの数的有利・不利な状況にして練習をする。
  • GKが居ない場合やゴールが使えない場合は、シュート無しでパックのプロテクトやパスなどにする。

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-, , ,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.