アイスホッケー 練習メニュー

【1on0】アンカードリル③ for Rim【アイスホッケー練習メニュー】

困った人
アンカーでのリムの対応が練習できるステーションドリルはありませんか??

 

☑️目次(本記事の内容)

  • 練習の内容について
  • 練習のポイントについて
  • 練習メニューのアレンジについて

 

☑️この記事の信用性

【プロフィール】
■一般社団法人スキルチャレンジ
■代表理事 田中雄也
■1983.02.26
■サラリーマン起業家/アイスホッケーコーチ
■北海道、主に釧路市を中心に活動

🏒アイスホッケーの競技歴は、小・中・高・大学と、現在も社会人でプレー。
🏒アイスホッケーの指導者歴は13年。(2020年2月現在)
🏒氷上練習の指導回数は、年間で約300回以上。
🏒現在も幼児〜オリンピック選手まで幅広く、毎年200名以上を指導している。

<<< 田中雄也の詳しいプロフィールはこちら >>>

 

☑️現在の主な指導場所は?

・スキルチャレンジアイスホッケーアカデミー
・大進ジュニアアイスホッケークラブ
・カワセミDaishinレディース
・釧路市立昭和小学校アイスホッケー同好会
・釧路アイスホッケー連盟 強化委員

 

▶︎この練習メニューは、アンカー(45度)に入った選手のリム(フェンス沿いに回ってきたパック)の対応を取り入れた、ステーションのシュートドリルに使えるメニューです。

指導者の方は練習メニュー説明の際、今日は何を目的するか。どこをポイントにするかを明確に選手に伝えましょう。

▶︎このドリルを実施することで、リムの処理技術やリムを受け取った後の動きなどが習得でき、子供から大人まで、いろいろなリムの対応としても使えますので要チェックですね📝

 

それでは見ていきましょう。

 

▶︎【1on0】アンカードリル③ for Rim【アイスホッケー練習メニュー】

 

 

▶︎メニューYouTube動画:ただいま準備中…

 

<<< アイスホッケーの用語がわからない時はこちら >>>

 

☑️練習前準備

  1. 図のように、ゴール、コーン、パックはゴールクリーズに集める。
  2. 選手はBLフェンス側を先頭に1列に並ぶ。
  3. コーチは、ゴールクリーズに配置する。

 

☑️練習内容

  1. コーチの合図でスタートし、①の選手は、手前のコーンを回りアンカーへ入る。
  2. コーチは①の選手のタイミングに合わせてリムをする。
  3. ①の選手は、アンカーでリムパックを取ったらコーンを回り(サイクルアップ)シュートをする。
  4. シュート後ゴールに詰めて、リバウンドの対応やルースパックを処理する。
  5. 選手は、1〜4を繰り返し行う。

 

☑️メニューのポイント

  • コーチはリムをする際、選手のレベルとタイミングを十分に考慮しておこなう。※選手にリムパックの処理を習得させるのが目的のため。
  • リムの取り方については様々な方法があるが、ドリル毎にどの取り方で練習するかを明確にすると良い。例:足で処理させたり、フェンスに対して正面なのか?背中を向けるのか?、ストップさせるのか?ターンさせるのか?など。
  • リムパック処理後はコーンを回り、ノーマルのシュートなのか?ワンレッグなのか?などを初めに伝えておくと良い。

 

☑️メニューのアレンジ

  • リムを取りに行くときに、コーンを回らずにボードサイドを走らせる。
  • リムを取った後のコーンを回る前に、次の選手とパス・パスバックを入れる。
  • リムを取った後のコーンをディレードターンやスピラマナターンなどに変える。

 

 

-アイスホッケー, 練習メニュー
-,

Copyright© SKILL CHALLENGE Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.